島根県における足立博物館に所帯とともに見に行きました。松江停留所から電車で赴き、最寄り駅だ安来停留所で降りましたが、ドジョウすくいの安来節で有名なことは停留所に降りたらわかりました。
関連する掲示商品が置いてあり、かわいらしい形状もあったので面白かったです。足立博物館には無料のシャトルが出ていたので助かりました。20分ほどで到着しましたが、自宅自体はそれほど激しくは無く有名な国内イラストレーションが展示してあるのか心配になりました。この博物館の庭は元来でしたので館内に入ってただちにみることができ、見事に保全された庭を見ることができました。池には鯉が泳ぎ、遠くには滝が流れていらっしゃる。特によかったのは椅子にすわりインパクトをのぞいてみれる縁のところです。
座って首を振るといったインパクトの窓から庭の一部が見えますが額縁の中の図版のようにみえたので今までみたことが無い光景でしたので感動しました。店内には春夏秋冬のガーデンのビデオテープが掲載されていましたが、日本の四季を表現していたので自然も掲示商品としている考えが素晴らしいと思いました。
国内イラストレーションも素晴らしい図版ばかりでどれも見入ってしまう申込タームがなくなりそうでした。横山大観の図版が展示されていましたが、セルフの画家の図版を一度にひと通り突き止める機会がすくなかったのでかっこいい積み増しをしました。
お母さんも昨年から国内イラストレーションを習い始めていたので今回の見本市を楽しみにしいましたが、満足できたといっていました。私も普通ですが細部にわたって時間を掛けて描いて要る状況ぐらいは極めるので素直に尊敬できました。アシドフィルス菌