今どき、住宅には3胸中の猫という義母の4胸中の猫がおります。
17年齢の時に迷い猫というぶつかり、いつの間にかその子は飼い猫として、以後無類の猫好きで当時から猫の仕草に非常に期待がありました。
そしてその仕草を見た一瞬、一瞬が自分の命運の中で貴重なピークだことを高校生ながらに感じ取りました。
そこで考えたのが、当時流行っていたポッケカメラです。
高校生のお小遣いも買えるポッケ動画タイプのカメラ、それが端緒でした。
集会の機会などでもカメラを持って行きましたが、ひときわ、殆どは自分の飼い猫の撮影ばかり。
住宅からすぐの場所にカメラ屋くんがあり、午前中に動画を出せば午後には撮影ができていて、お馴染みの高校生となりました。
間もなく1階層の浪人いのちをカメラという猫と共に明かし、学徒になると、夏休みや春休みの長い休日には海外に出かけ、観光先の出会った鳥獣の撮影は長時間記録しました。
そして、住宅の猫がいない寂しさを紛らわしました。
一方住宅に戻ると、実際三脚を購入してガーデンで猫って自撮り、といったレベルにも発展しました。
この頃になると、ようやくデジタルカメラがときには出回るようになり、最初に買った150万画素のカメラは、2頭に増えていた猫たちの撮影ばかり記録を続けました。
こうしてコンパクトデジタルカメラは4ちゃぶ台ほど刷新をし、最後にたどり着いたのは流行りの一眼レフデジタルカメラです。
こちらも中程ではありますが2ちゃぶ台眼を購入するに至り、最近ではマクロレンズを使っての土砂降りの雫、望遠レンズを使っての近所の野良猫(街猫)や住宅裏にある海(ノルマンディー在住)の高波の雫、なども撮影してそのもの満足しています。
しかしながら、住宅の猫たちの撮影が圧倒的に多いです。
運動内容でピーク一心に寝ているシルエットを、など様々な機会を連写し、撮影した撮影たちは年月日が経過してから改めて眺めて、必ずそのもの安心の国々に浸っております。
今後もできればレンズのコレクションにおいて、猫記録に磨きをかけたいとしております。青汁おすすめは?苦手でも飲みやすいのを教えて!